Action
品質確保への拘り

SSDプロジェクト(国産木材品質表示推進協議会)は

「すべての木造建築に構造計算を!」

のスローガンのもとに品質表示・保証の国産木材の適正価格供給を行います。

品質表示・保証の国産材供給を通じ、ユーザーの皆様への安全・安心をご提供すると共に、

国産木材への信頼を取り戻し、真の活用普及促進に努めます

ご存知ですか?

日本の木造住宅の9割以上が構造計算されていない事を!

国産無垢構造材の大半が、品質保証されていない事を!

名称未設定1日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協:東京都新宿区)が、2013年8月29日に公表した耐震診断調査の結果の取り纏めによれば、昭和56年に制定された新耐震基準以降に建設された木造住宅においても84%に耐震性の問題が見られ、さらにそのうち大震災の際「倒壊する可能性が高い」と判定されたものは61.5%にものぼりました。

現在、建築基準法において「2階建て以下且つ、500㎡以下の規模の木造建築には構造計算が免除される」との特例が認められています。そのために大半の木造住宅が構造計算を行っていない現実があり、上記の新耐震基準以降の建物についても大半が耐震性の問題を抱えるという結果の一因であると考えます。

SSDプロジェクトではこれまで、当方の商品を採用頂く需要者に対して、木構造の構造計算をサポートするなどのサービスを行ってきました。今後もその方針を堅持した上、さらに高度な木構造計画への対応も可能にすべく、様々な技術開発への取り組みを継続する所存であります。

 

木造建築の構造計算を行う場合には、そこで使用される構造用部材の強度等の品質が明確でなければ、精度の高い計算結果は望めません。しかしながら、国産無垢材を使用する場合には、強度を確認した部材が殆ど流通していないため、無等級材と称して、樹種による想定強度を用いています。杉の場合E-68(木材強度を示すヤング係数の値)にて計算がなされていますが、実際に梁桁材に使用する場合、その部材の少なくない量が想定強度への不足に陥っている可能性があります。しかし、強度を測定している訳では無いので、あくまでも可能性なのです。これに対して、外材や集成材の構造用材の殆どが品質・強度を確認して供給されており、構造計算を行う場合においても、優位な立場を保持している現状があります。

 

SSDプロジェクトの品質表示・保証

名称未設定2グレーディング: 公的機関が認定する測定装置(グレーディングマシン)を用いて、部材一本毎に強度と含水率を測定し表示して供給します。

JAS(機械等級区分製材):上記のグレーディング材を日本農林規格が定める等級区分に選別し、JAS認証材として供給します。

認定番号:JLIRA-B・63・24

 

 

名称未設定3 JAS機械等級選別材の供給実績は、製材需要の僅か5%程度に過ぎず(全木検公表の2012年実績)、しかも、その大半が米マツ等の輸入材です。国産製材品のJAS流通は無いに等しいのが現状です。

 

 

 

 

SSDプロジェクトでは、真の意味で国産材普及促進を図るには、最低限、外材・集成材並みに品質を保証して供給する必要があるとの判断から、木材乾燥をはじめとする製造法の新規技術開発に取り組んできました。そしてその成果として、このJAS品質保証国産材供給事業を2014年8月に開始します。仮に、品質保証供給が困難なままであったとすれば、国産木材は合板用材として活用するか、或は、木質バイオマス発電等で燃やしてしまう事が主たる需要先になってしまう危惧があります。それゆえ他所の国産材供給組織やその関係者においても、国産製材品の品質確保への取り組みが行われることを期待します。当該事業が、そのためのビジネスモデルの提示になれるとすれば、国産材普及促進を願う立場から、本望であります。